スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年度第2回実技2私の再現解答

 本日行われた、試験の再現解答です。再現解答です。模範解答ではありませんので。これで何点くらい取れるかな。
<実技2>
問1
(1)① 強さ:ア  大きさ:ウ  ②60  ③台風付近は高温場、黄海東シナ海は寒気が入り低温場
(2)5820m   (3) A:積乱雲 B:積雲 C:巻雲 D:層雲
問2
(1) 図は略  (2) 上端:800 下端840  
(3) ① 鉛直流が上昇流域  ②正渦度移流域で、暖気移流の上昇流域
問3
(1) 気圧は、通過前は徐々に低下し、通過後は急速に上昇した。風速は、通過前が継続時間が長いが、極大値は通過後の方が大きい。
(2) 前面1000hpa 140 980hpa 60 
後面1000hpa 60  980hpa 30
問4
(1) ①  図9下:988  図13:975  ②変化 +25
(2) 大きくなる
(3) ①真円 ②増加 ③寒気移流 ④正渦度 ⑤暖気核
(4) 12時間後に比べて、24時間後の方が等圧線の間隔が緩く、強風域が広い。
(5) 図は略
(6) ① ▲4ノット  ②降水が長時間続き、洪水などに注意
(7) ① 梅雨前線や台風の勢力が強く、高気圧が南下しにくい。
  ② 12℃の等温線より寒気側
  ③ ア:トラフ  イ:切離
問5
(1) 低気圧中心付近より、離れた地域の方が、気圧傾度が大きい。
(2) 台風が太平洋南岸を通過中に、日本海からフェーン現象で、乾燥した高温の強い風が入る。
スポンサーサイト

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitukamii

Author:mitukamii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。