FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実技ゼミナール5 総観規模の経時変化

総観規模の経時変化について、総観規模とは、日本列島がすっぽり入るような規模のことである。経時変化は、初期時刻から、12時間後、24時間後、36時間後、48時間後の地上図 、700・850hpa,500hpaそしてたまに300hpaが出される。この経時変化を答えさせる問題だ。

 まず定番は、500hpaのトラフと地上図での低気圧中心を結ぶ軸が西に傾いているか、東か、鉛直かを答える問題、もちろん、西に傾いていると発達中である。もう一つは、850・700hpaの低気圧前面の暖気の上昇流、後面の寒気下降流が明瞭であるかが定番である。

 注意点は、低気圧の位置は、瞬間値だが、降水量は12時間積算値のため、降水域は低気圧中心より少しずれることがある。従って、天気予報を書く際はこの辺に注意が必要である。

 それと、地図に書かれた線、等高度線なら、集中度が問題、集中していると、気圧差から風が強い。等温線を風が横切るならなら、移流が大きい。等相当温位なら、たいていは風のシアーを見つけて、前線を引く手がかりになる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitukamii

Author:mitukamii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。