FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実技ゼミナール27回 第35回試験実技1再現解答

1月30日実施の気象予報士試験の私の再現です。日本一早い再現解答と思います。
ご参考にどうぞ。
2月1日追加・修正済み
問題1
(1) ①東北東 ②15 ③温暖 ④寒冷 ⑤北西
   ⑥北側 ⑦発達 ⑧海上強風 ⑨南 ⑩10

(2) 団塊状で帯状につらなり、輝度温度は低い。

(3) ①根室気温:6℃ 海面水温:4℃
   ②b 冷たい海面に暖かい気塊が移動し、気塊が冷却され、
     水蒸気が凝結する。
   気温と水温の差がほとんどなく解答に困りました。気温の方が高いので上記の答えにしましたが、全く自
  信ありません。


問題2
(1) 12時間後は東シナ海全域、24時間後は北東から南西に帯状に分布し、
  最大降水量も多くなる。

(2) (等相当温位線集中帯の南東縁に沿って書く)

(3) ①寒冷前線で、暖気の下に寒気がもぐり込むアナフロント型のため。
   ②等相当温位線集中域の南東縁
   ここは、適当な名称が浮かばなかったためこのようにしました。ほんとは前線上なんですが  
  強い南西の暖湿流が入り、水平シアーや地形性降水がある。

問題3
(1) 22日3時から23日9時
  風が東よりから南よりに変化し、気温が4℃上昇した。

(2) (鉛直流)上昇流から下降流へと変化した。
   (相対湿度)相対湿度は100%近くから60%以下へと乾燥した。

(3) ①暖域内
   ②相当温位330kへと低下した。
   ③寒冷前線付近

(4) 南よりの風だが、四国山地の風下で下降流となるため。

問題4
(1) ①上端 700hpa 下端800hpa
②気温は5℃高い 湿数は23℃低い
   ③前線帯

(2) 上層へ向かって時計回りに変化し、暖気移流

(3) b ⇒ c ⇒ a

問題5
  ① 450 ②300 ③90 ④40 ⑤がけ崩れ ⑥土石流

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitukamii

Author:mitukamii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。