スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実技ゼミナール7 ウインドプロファイラ

ウインドプロファイラ

 ウインドプロファイラとは、レーダーやレーウインゾンデ観測よりずっと細かく空を観測できる機器で、日本各地に設置されている。この測定結果は、横軸に時間、縦軸に高度(hpa)となり、その時間、その地点風向風速が表示されている。
 前線が通過すると、風向や風速が変るため、これが問題になっている。問題は4つくらいのタイプがある。

 タイプの一つ目は、寒冷前線の通過、温暖前線の通過を求める問題、風向は、寒冷前線は時間とともに同一地点では、時計回りに変化していく。温暖前線はその逆である。これを読めばよい。

 二つ目のケースは、風向が上空に向かって、時計回りに変化する場合は、暖気移流、その反対は寒気移流である。暖気か、寒気か、その理由を問うものが多い。

 三つ目のケースは、これが最も難しい。前線や台風の進路の地図が書かれていて、複数の地点と複数のウインドプロファイラが表示されている。その地点のウインドプロファイラはどれか、という問題。地点が進路の右か左か判断して、擾乱の進行に応じて風向が刻々と変化していくため、これをプロファイラから読みとる。結構難しい。私は何回も間違えた。

 最後の四つ目は、前線通過時間帯をプロファイラ面に描くもの。時間帯はわかるが、前線面は難しい。経験である。

 以上、ウインドプロファイラは、2回に1回くらい出題される課題である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mitukamii

Author:mitukamii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。