スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実技ゼミナール14 梅雨前線

梅雨前線1001

 春秋の寒冷前線と台風に次に出題されやすいのが、梅雨前線である。梅雨前線は次の2つのタイプの問題が考えれれる。

 1つは、梅雨前線の構造に関するもの。梅雨前線は日本列島の東側は温度勾配が大きく、西側は水蒸気勾配が大きい。この特徴を高層気象図から読みとらせるものである。予め、東は温度、西は水蒸気と頭に入れて読むとスッツと読め、解答もしやすくなる。

 もう1つは、梅雨前線の集中豪雨。集中豪雨は2,3時間の短時間に集中して降るため、単一の積乱雲では説明できず、次から次へと、降水セルが発生しながら通過するマルチセル型を覚えておこう。また、集中豪雨には「下層ジェット」と「湿舌」を答えさせる問題が考えられる。

 これ以外に、集中豪雨だから、警報、短時間大雨降水情報、土砂災害警戒情報んどが梅雨に伴って出題される可能性がある。

スポンサーサイト
プロフィール

mitukamii

Author:mitukamii
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。